50代60代のシンプルライフと暮らし方

人生後半戦を健康的で心地よい時間と空間で暮らすために



ブログのタイトルを「人生後半戦のシンプルな暮らし方」から変更しました。

temp


シニアにもスマホが普及してきたという話を最近よく耳にします。実際はどうなのでしょうか。
スマホの所有率はどの年代でも増えていますね。携帯とは従来型携帯電話(ガラケー)のことですが、携帯とスマホとに大きく分けることができます。携帯は二つ折りでボダンで操作、スマホは画面が大きく画面で操作する電話のことと形状や操作方法で分けているように思います。実際は内部構造的にはほとんどスマホしか販売されていません。携帯(ガラケー)を持っている人は、買い替えないで長持ちしている人だと言えます。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

瞑想


集中力を上げる方法のひとつに「瞑想」があります。最近ではGoogleもマインドフルネスとして社員に推奨し取り入れているそうです。私自身は集中力は普通だと思っています。ただ集中しなければならないときもあります。そのときには2つの邪魔者を取り除くことから始めます。


1つめは外側からの邪魔者です。音や振動や匂いなどがありますね。BGMで流れる音は気にならないのですが人の話し声だったり車の騒音は気になります。車の音と同じくらい気になるのが振動です。振動と言っても人が通る気配とか車が通る気配とかです。匂いは臭いのも嫌ですが、空腹を誘うような良い匂いも邪魔者です。こうかくと随分神経質だと思ういかもしれませんね。ただこれは集中しなければならにときの話です。

もう1つは内側からの邪魔者です。何か他にやりたいことがあると気が散りますますよね。そのほとんどはやりたいことであって、やらなければならないことではありません。寝たい、食べたい、体を動かしたいは、本来の人間の欲求ですが集中しなければならないときには邪魔者になります。規則正しい生活をしていると自分が集中できる時間かどうかも判断しやすくなりますので、この邪魔者を避けるのが集中するコツです。食事時には集中することはやらない、眠たいのに我慢して集中しようとしないということです。

その他にもテレビを見たい、パソコンやスマホを見たい、友達のことが気になるなど、一見外側からの邪魔者のようですが、自分自身の気持ち次第です。物理的に遠ざけるのも良いですし、時間帯を決めてテレビやスマホを見るようにします。

今のところ、外側からの邪魔者と内側からの邪魔者を遠ざけることで集中力を上げて持続することができています。それしかやることがない状況や環境を作り出すことが、私にとっての集中法です。

「瞑想」や「マインドフルネス」はそれからですね。

たった1時間の「オフライン」で、集中力は高められる! | THE21オンライン



このエントリーをはてなブックマークに追加

田舎暮らし

◆田舎でシンプルライフ

「定年後はのんびり田舎で暮らしたい」と思っている方もいらっしゃると思いますが、実際は田舎に住んでいる人は田舎に、都会や郊外に住んでいる人は都会や郊外にとそのままの生活を維持することを希望している人が多いようです。

60代・70代に聞いた!定年後の「住まい」はどう考える? - SUUMOジャーナル

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

シンプルライフ

◆シンプルライフデザイン

シンプルライフは言いかえると「生活のダイエット」です。油断するとリバウンドします。ダイエットにもコツがあるようにシンプルライフにもコツがあります。それはシンプルライフのデザインから始まります。シンプルライフのデザインとは、インテリアをコーディネートしたり、シンプルなデザインを取り入れたりするだけではなく、生活全体をシンプルにするためのノウハウであり、設計図であり、戦略とも言えます。ただ難しく考えることはありません。では、シンプルライフのデザインを始めてみましょう。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

54a540a21efd142b4122d1b39553ad7b_m

◆暮らし方の基本

ニューシニアの暮らし方の基本は、2つの暮らし方と3つの使い方で考えることができます。
暮らし方の1つめはシンプルに暮らすということ、2つめはヘルシー(健康的)に暮らすということです。3つの使い方の1つめはお金お使い方、2つめは時間の使い方です。3つめは人間関係なのですが、人との付き合い方としました。この5つの項目を表にすると次のようになります。
temp_matrix
このような考え方を基本にニューシニアの暮らし方を考えていきたいと思います。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ