持たないから始めるシンプルライフ #2 モノを減らさずに場所を広くするの巻

モノが増えたのは 
(前回から続く)
介護生活を送ることになった実家はモノが溢れていました。といってもゴミ屋敷という訳ではありません。両親がまだ体が自由に動く時に使っていたモノに加えて、体が自由に動かなくなってから使うようになったモノが増えたのです。



4通りのモノがある

実家の中のモノには4通りありました。
    1. 収納するためのモノ
    2. 消費することでなくなるモノ
    3. 保管しておかなければならないモノ
    4. この3通りに含まれないモノ
例えばテレビは5台ありました。普段見ているのは2台です。その他に使っていない部屋に2台、納戸に1台ありました。

使っていないモノ

使ていないモノを捨てることに両親は抵抗を示したので、捨てずに使っていない部屋へ移動しました。使っていない部屋があったことが、見かけ上はモノを減らして場所を広くすることができた大きなポイントとなりました。ちなみ使っていない部屋は2階でしたので移動は言うまでもなく大変でした。

必要なモノを都度持って行く 

両親の生活の場所を1階に限定し、必要なモノをその都度持って行くようにしたかったのですが、この作戦は早々に失敗してしまいました。具体的なモノの名前ではなく「アレアレ」で要求されるのです。例えばコップ一杯の水でもコップでなくアレ(湯飲み茶碗)で飲みたいなど、細かいことに拘るのです。

我慢することを要求した結果 

介護が始まった当初は仕事もしていたので、短時間で済まそうと細かなことは両親に我慢することを要求していたのですが、これが介護状態をさらに悪化させたのです。思い通りにならないので自分で行なおうと父親が夜中に歩き、転倒して腰の骨を折ったのです。 これで本格的な介護が始まりました。




介護スペースを作るために移動をしたモノ


収納用具から移動

本格的な介護を覚悟して、バリアフリーにもなっていない狭い部屋をとにかく広くしよと、普段使わないモノはできるだけ2階の物置部屋へ移動したのです。部屋を狭くしていた1番の原因は収納棚、収納庫、収納具など、収納するためのモノです。実際には収納されているのは、収納していることさえ忘れているモノが多かったのでした。

移動前の写真を撮る

収納用具を移動する前に、部屋の写真を撮っておきました。こうしておくと「アレアレ」という曖昧な要求でも対応できるのです。スペースをある程度は確保できたのでベッドの近くまで車椅子で移動できますし、介助する私も動きが制限されることなく介助できるようになりました。

介護スペースができた

今まで収納用品が置いてあった場所は、車椅子置き場になりましたし、父親の介護用ベッドを居間におくこともできました。母親は今の隣の部屋ですでに介護用ベッドを使っていたので、ほぼ同じ部屋に介護用ベッドが2台と車椅子2台がある介護スペースができました。

夫婦二人分の生活用品 

介護スペースと車椅子以外で大きなモノと言えば、衣服を収納して置くタンスだけです。季節ごとに着る服を入れ替えれば、普段着る服を置いておくスペースは夫婦二人分ですので押し入れとタンス一式で十分足ります。手元に置いておく生活用品もそんなに多いわけではありません。なんとか介護スペースだけは確保できました。




介護はコミュニケーションから

両親はいわゆる老々介護でした。土日に買物や身の回りの世話をする程度はそれまでにも通い介護で行っていました。数年かけて施設に入ることや介護用に部屋をリフォームすることを勧めていたのですが、コミュニケーションがうまく取れずに最後はもの別れで終わっていたのです。

空気はきれいになった

本格的に介護が始まり、介護スペースを作るのに1ヵ月半かかりました。両親も最初は視界に入るモノが少なくなったことに不平不満を漏らしていましたが、掃除をしやすくなったことと空気清浄機を入れたので「空気はきれいになった」といっていたものです。

◆◆◆◆◆

今回はモノを片づけるのではなく、モノを収納するための収納用品を移動することでスペースを介護スペースを作るところまでお話ししました。

モノが多くて困るという人は、モノを片づけるために収納用品を揃えることがあると思います。収納用品の中に納まる数量には限界があります。収納してあるモノを使った後は収納場所に戻さなければなりません。この繰り返しが面倒になって、収納したままになるモノと収納せずに置きっぱなしになるモノに分かれます。

この繰り返しが続くうちに、またモノが増えてしまいます。そしてまた収納用品を増やすという悪循環が、私の実家の状況でした。収納するということは使わないと同じことだったのです。次回は「台所のモノを減らす」ことについてお話ししてみたいと思います。

    • モノが増えると場所が狭くなる
    • モノが増えると収納場所が増える
    • モノが増えると片付けが増える
    • モノが増えると埃が増える