私の財布にはお金が入っていない ~ キャッシュレスで暮らす
現金は持ち歩かない

私の財布には千円札が3枚、クレカが1枚、デビカが1枚、プリカが1マイ、そして免許証を入れている。外出するときは財布の他に電子マネーを入れているスマホを持ち歩いている。それと家の鍵だ。


現金が必要なくなっても使う人がいる限り現金は残る


キャッシュレス時代

スマホだけにしたいのだがそうもいかない。近所に買い物へ行くときはスマホの電子マネーだけで十分用が足りる。日本はキャッシュレス時代に乗り遅れていると言われるが、遅れているのは利用する側だと思っている。

プラスチックマネー

プラスチックマネーとはクレジットカード(クレカ)に代表されるように現金支払いをできるプラスチックカードのことである。クレカの他にもデビットカード(デビカ)、プリペイドカード(プリカ)がある。

大きな違いはクレカは後払い(ポストペイ)、デビカは口座から同時引き落とし(ジャストペイ)、プリカは前払い(プリペイ)という違いがある。

電子マネー

電子マネーとはプラスチックカードやスマホ、専用ガジェットで支払える金額を事前に登録するプリペイド型の支払い手法である。プラスチックマネーとは違い専用の読み取り装置が必要になるので導入ハードルが高い。

一方で利用する側にとってはスマホに専用アプリを入れることで複数の電子マネーを利用できる。またオートチャージやスマホからチャージすることもでき現金チャージを行わなくてよい電子マネーもある。

キャッシュレスで暮らす

キャッシュレスで暮らすためには、利用シーンによってクレジットカード・デビットカード・プリペイドカード・電子マネーの4通りを上手に使いこなす必要がある。それぞれに還元ポイントが付くが、ポイントよりも使い勝手を基準として選んでいる。

ネットで購入することが多くなりカード払いを使用することも増えてきたと思う。ネットで使う時はネット専用のカードを用意して使うと事故に遭ったときも分かりやすい。事故に遭ったら保証が効くカードを使うことは言うまでもない。




生活のシーン別にカードと電子マネーを使い分ける


クレカを使う場合は

私の場合、クレカを使うのは公共料金の支払いである。口座振替と同じだが安定してポイントが付くからだ。あとは高額の買い物をする時も同じでポイント狙いだ。ポイントは気にしないと書きながらも、大きなポイントは魅力的だ。

デビカを使う場合は

デビカはほとんど使わない。ネット銀行のキャッシュカードにはデビット機能が付いているものがある。いざいというときの現金引き出しとクレカの国際ブランドが使えな時のために持っている。

プリカを使う場合は

プリカは日常の買い物でよく使う。千円を目安に、千円以上ならプリカ、千円未満なら電子マネーとしているが、気分に合わせて使っているのが現状だ。プリカと電子マネーの違いは財布からカードを出すかどうかの違いだけだ。

もっともプリカをクレカと紐づけてオートチャージをしていると、クレカとなんら変わりはない。プリカは現金代わりとして使うならプリペイをお勧めする。

電子マネーを使う場合は

コンビニやスーパーなどは電子マネーを使うことが多い。汎用の電子マネーに対応していない場合はプリカを使う。なによりもスマホだけで支払いが完了するのがよい。電子マネー対応の自販機が増えてきたのでなおさらだ。

その他の支払方法は

中国ではQRコード支払いが主だという。QRコードを印刷して貼っておくだけで、スマホカメラで写すとアプリから支払えるという仕組みだ。日本でも一部の会社で行っているが、電子マネーやプリカに慣れているとアプリを操作するのが面倒くさい。




◆◆◆◆◆

私が今使っているのは、クレカは楽天カード(ゴールド:年会費2160円)、デビカはネット銀行(今はSBI)、プリカはLINEPAYカード、電子マネーはEdyWAONを使っている。交通系を使わないのは使う機会があまりないからだ。

今、注目期待しているのがじぶん銀行である。来年はスマホでデビット支払いが可能になるらしい。じぶん銀行はセブン銀行だけだがスマホのバーコード認証で現金も引き出すことができる。これでデビカは必要なくなる。

じぶん銀行に口座開くならポイントサイトのモッピーがお得だ。今なら1500円相当(通常500円相当)のポイント還元がある。

50代60代は今からキャッシュレスに慣れておくべきだ。レジで簡単に決済できるどころか、そのうちスーパーやコンビニのPOPもなくなりスマホに表示されるようになるだろう。ショッピングのコンシェルジュ役としもスマホが活用されるだろう。

なにより介護が必要になったら外出時の支払いは大変手間がかかる作業になる。また家計の管理もすべてデジタルになれば一元管理できる。それが自分でなくてもできるのだ。介護費用の支払いもキャッシュレスで、そんな時代がやがてやってくるかもしれない。

あとはクレカがスマホのに組み込まれれ申し分ない。時間の問題だと思うが・・。